セルフメディケーション税制って何?来年の「医療費控除の特例」のために今から準備しておくこと

2017年(平成29年)からセルフメディケーション税制がスタートしましたが、TVのニュースや情報番組でチラッと紹介された程度で、一体何のことやら分からないという人がほとんどだと思います。

はっきり言って、国や税務署はPR不足ですね。

来年(2018年)の確定申告時期になって、セルフメディケーション税制を利用しましょうと言われても、手遅れです。ちゃんと準備をしておかないと使えないんです。

広告

セルフメディケーション税制とは?

セルフメディケーション税制とは、1年間(1月~12月)に特定の医薬品(スイッチOTC医薬品)を12000円以上購入した場合に受けられる医療費控除制度の特例です。

今までの医療費控除は、1年間に病院に行って支払った医療費が10万円を超えた場合、10万円を超える額が控除対象となって税金が安くなる(還付される)制度です。年間の医療費が10万円を超えるのは健康な人だとかなりハードルが高く、出産があった時くらいしか利用したことがないという人もいると思います。

セルフメディケーション税制の場合は、病院にかからなくても近所の薬局やドラッグストアで購入した薬の金額が、年間1万2千円以上になれば、超えた額が医療費控除の対象になります。

ハードルを低くする代わりに、対象となる医薬品が限定されたり、普段から健康に気を使ってあることをやっておかないと適用されないといった条件があります。

ちなみに上限は10万円なので控除額の上限としては、10万円-1万2千円=8万8千円となります。また、今までの医療費控除とセルフメディケーション税制の併用はできないので注意して下さい。

セルフメディケーション税制の対象となる医薬品とは?

セルフメディケーション税制の対象となるのは、医療用から転用された特定成分を含む医薬品(スイッチOTC医薬品)です。OTC医薬品はドラックストアで買うことができる大衆薬、一般薬のことですが、その中でも医療用から一般用に転用されたという意味で、「スイッチ」という言葉が付いています。

「どれがスイッチOTC医薬品かなんて知らないよ」という声が聞こえてきそうですが大丈夫です。市販薬の箱に下のようなロゴが書かれています。

セルフメディケーション対象マーク

2017年1月時点で、対象となる具体的な医薬品は約1500品あります。一例を以下にあげますが、どれも聞いたことがあるような有名な薬です。ただし同じ名前の薬でも対象となる場合、対象にならない場合があるのでよく確認して購入することが必要です。

  • ロキソニンS、Sプラス
  • バファリンEX、プレミアム
  • ルルアタックEX、新ルルAゴールドDX
    (新ルルA錠は対象外)
  • サロンパスEX

またお店によっては、買った時のレシートにスイッチOTC医薬品を見分けるために●や★、◆などのマークを付けているので、後からでもスイッチOTC医薬品が分かるようになっています。レシートは確定申告の時に必要なので無くさないようにしましょう。

セルフメディケーション税制の対象者

セルフメディケーション税制を適用してもらう対象者となるためには、「健康の維持増進及び疾病の予防への取組として一定の取組を行う個人」であることが条件です。つまり普段から健康に気を使って病気にならないように注意していることを証明しなければなりません。

「健康に注意していることの証明をしなさい」と言われるとチョット戸惑ってしまいますが、難しいことはありません。以下の様なことをしていることをがわかれば良いのです。

  • 特定健康診査(メタボ検診)
  • 定期健康診断(会社での健康診断)
  • がん検診
  • 健康診査
  • 予防接種(インフルエンザ予防接種)

特定健康診査や定期健康診断などを受けていることを証明するためには、検診結果のコピーをを提出すればOKです。予防接種の証明は領収証を出すか、予防接種済証明書を準備すればOKです。そんなに難しいことではないですね。

あともう一つ条件があります。所得税や住民税を支払っていることです。税金を支払っていない人は控除できる税金がないため対象外となります。

セルフメディケーション税制の準備

スイッチOTC医薬品の購入額が12000円を超えることの証明として領収証を準備して下さい。ドラッグストアや薬局でもらうレシートで十分です。1年分のレシートをしっかりと保管して下さい。

来年の確定申告の時期にセルフメディケーション税制のことを知っても「手遅れだ」と行ったのは、意識してないとレシートの保管なんてできていないだろうからです。スイッチOTC医薬品のレシートの保管は今、1月分から始めて下さい。重要ですよ。

各種健康診断や予防接種を受けて下さい。これも急に言われてもなかなかできないかもしれません。1年間かけて準備して下さい。

まとめ

  • セルフメディケーション税制が2017年から始まった
  • 対象医薬品は医療用から転用されたスイッチOTC医薬品
  • スイッチOTC医薬品の購入額が1万2千円~10万円が医療費控除の対象
  • スイッチOTC医薬品の領収書、レシートを保管すること
  • 各種健康診査や健康診断を受けるか、予防接種をすること

セルフメディケーション税制は今までの医療費控除と比べてハードルが低くなっています。確定申告の時期に税金が安くなることを期待して、今から準備を始めましょう。

広告

フォローする