自転車加害事故の高額賠償に備えるには?個人賠償責任保険への加入方法

自動車保険をおトクに契約する方法の記事で、チラッと自転車事故を起こしたときの賠償のことを書きました。

自動車保険をおトクに契約する方法。保険内容理解と比較、そして経由する代理店が重要!
自動車保険の保険料を節約する方法とは?保険内容を理解して比較することが大切です。契約方法によっては、オマケを貰えるかも。

自動車保険の話題なのにどうして自転車事故のこと?
と、不思議に思った人もいる.と思います。

そんな疑問に答えます。

広告

自転車事故の高額賠償

自転車事故を起こした時、つまり加害者になってしまった場合、被害者から賠償請求があるかもしれません。

例えば、
小学生が自転車で走行中に歩行中の女性と正面衝突し、女性は意識不明。この自転車事故で、親に約9500万円の賠償命令が出たとのこと。

自転車事故で1億円近くの賠償ですよ。とても補償しきれません。ここまでの大事にならなくても、相手の人がケガをしたら治療費や休業補償を請求されるので、何らかの備えが必要です。

自転車を日常的に使っている家族がいる人は検討の余地がありますね。

自転車事故をカバーする個人賠償責任保険

個人賠償責任保険とは

自転車事故の加害者となった時に役に立つのが個人賠償責任保険です。

個人賠償責任保険とは、他人の物を壊した時、他人をケガさせた時に賠償金を支払ってくれる保険で保険契約者本人とその家族を守ってくれます。

保険会社によって多少の差があるかもしれませんが、補償の対象となるのは以下のような事故です。

  • 自転車で走行中に他人を負傷させた、物を壊した
  • 他人の花びんを誤って壊してしまった
  • 飼い犬が人に噛みついてケガをさせた
  • レストランで他人の服を汚してしまった

家族やペットが他の人に損害を与えた場合、もちろん自転車の事故で発生した損害も補償されます。ただし、故意によるもの、重大な過失があるものは補償されません。

個人賠償責任保険への加入方法

個人賠償責任保険は、火災保険や自動車保険の特約(オプション)として付けることができます。また、クレジットカード会員向けの保険として用意されている場合もあります。

主なものを一覧表にしました。

会社 保険名 保険金 保険の内容
おとなの自動車保険 個人賠償責任特約 無制限 示談交渉サービス付き
SBI損保 自動車保険 自転車事故補償特約 1億円 自転車事故のみ補償
自分の傷害保険付き
イオンカード 日常生活賠償プラン 1億円 交通死亡保険付き
日本交通管理技術協会 TSマーク(赤)
TSマーク(青)
5千万円
1千万円

自転車整備することで
死亡&入院保険付き

※おとなの自動車保険で自転車事故で自分のケガの補償は「自転車傷害特約」で対応。
※イオンカードで自転車事故で自分のケガの補償は「自転車プラン」で対応。

補償の内容が一緒じゃないので比較しにくいと思いますが、自身の傷害保険はいらないよという人は、おとなの自動車保険に特約を付けるのがおトクですね。保険金は無制限だし、示談交渉もついているので安心です。

いやいや、傷害保険も欲しいよという人は、SBI損保 自動車保険の特約として利用するのが良さそうですね。

ちなみに自動車保険にはもともと人身傷害保険を付けますが、この人身傷害保険は自動車が関係した事故を対象としている保険会社が多いようです。自転車単独の事故は対象外だそうです。

またちょっと聞き慣れないかもしれませんが、TSマークを自転車に貼り付けることにより自転車事故での損害を補償してもらえます。

TSマークは、自転車屋さんで自転車の整備をしてもらうことで加入することができます。

有効期間は点検日から1年間です。自動車保険のように満期のお知らせ届かないので、有効期間がいつまでなのか注意が必要です。自転車屋さんで加入できるのでお手軽な保険ですね。

まとめ

  • 自転車加害事故による高額賠償請求を受ける可能性がある
  • 個人賠償責任保険は、自転車での加害事故に対応できる
  • 個人賠償責任保険は、自動車保険の特約利用がおトク
  • TSマークには、自転車整備を行うことで加入できる
    有効期間は1年間
  • 自身のケガの補償が必要なときは自転車保険で対応
    ※保険会社により名前が違います。

自転車での加害事故に備えて、個人賠償責任保険を自動車保険の特約(オプション)として付帯することを紹介しましたが、ライフスタイルは人それぞれです。自分のスタイルに合った保険を選びましょう。

通勤や通学に自転車を家族がいる人はしっかりと備えておきましょう。車に乗るなら任意保険に加入するように、自転車に乗るなら賠償保険に加入することが当たり前と考えた方が良いでしょう。

そうでないと万が一の時に加害者側も被害者側も大変なことになってしまします。十分な補償をできない/受けれないのは、つらいことだと思います。

広告

フォローする