自動車保険をおトクに契約する方法。保険内容理解と比較、そして経由する代理店が重要!

車を持っている人なら年に一度は自動車保険で悩んでしまうと思います。

TV CMでは自動車保険の見直しで保険料が安くなるなどとバンバン宣伝していますね。

でもどこの保険会社を選んで、契約内容をどうするか? 考えるのがめんどくさくて同じ保険会社&内容のまま更新する人が多いと思います。

なぜ自動車保険の内容見直しがめんどくさいんでしょうか?

それはズバリ、自動車保険の内容をよく理解していない、理解していないから比較できないからです。

自動車保険を理解&比較するためにポイントを簡単にまとめてみました。

広告

自動車保険の内容を理解して契約しよう

自動車保険のタイプ

自動車保険は大きく分けて以下の2つのタイプがあります。

  • 対面型の自動車保険
  • 通販型の自動車保険

対面型は保険営業マンや自動車ディーラー等が窓口になって、保険の内容を決めてくれるので保険内容がわからなくても安心です。その分、保険料が高くなります。

通販型はダイレクト型自動車保険とも言われ、自分自身でインターネットや電話で見積もりを取り契約をします。保険料金が対面型に比べ安くなります。

自分自身で見積りを取ると言っても不安になることはありません。

やり方を一度覚えればそんなに難しくないし、わからないところは電話で問い合わせれば丁寧に教えてもらえます。

自動車保険見積りのポイント

見積りを取る時のポイントを以下のように分類するとわかりやすくなります。

  • 見積りの条件
    車の情報(車種、型式、年式)、運転する人の情報(年齢、性別) 、割引き情報(等級、家族限定、走行距離、使用目的)を設定します。
  • 相手への補償
    対人保証は相手のケガに対する保証、対物保証は相手の車を修理するための保証です。対人、対物ともに無制限を設定しましょう。補償額を少なくしても支払う保険料金はあまり安くならないので。
  • 自分と同乗者への補償
    運転者と同乗者がケガや死亡した時に適用される保険です。
    人身傷害は、ケガの治療費実費や仕事を休んで得られなかった収入を補償します。
    搭乗者傷害は、ケガで通院/入院した時や死亡した場合にあらかじめ決められた金額が補償されます。
  • 自分の車への補償
    車両保険は、自分自身の車の修理代を補償します。補償金額や火災、盗難、単独事故を保証の範囲に含めるかどうかで支払う保険料が大きく変わります。
  • オプション(特約)
    ロードサービス弁護士費用特約個人賠償責任特約などの補償を追加することができます。保険会社によっては、基本補償に含まれている場合があります。

実際の自動車保険の契約内容

自動車保険見積りのポイントを理解できたら自分に必要な補償、不要な補償を決めることができます。

私なりっちの場合は、

  • 対人対物 無制限
    必ずこれを選びます。
  • 人身傷害 3000万円
    保険会社によって補償額が違うかもしれませんが、最少額の補償に設定します。
  • 登場者保険 500万円
    こちらも最少額の補償を選択します。通院/入院時に一時金が必要になるため付けます。
  • 車両保険 フルカバー
    単独事故まで補償されるフルカバーを選択します。新車のときは補償額を大きく、古い車のときは補償額を小さくします。
  • オプション 無し
    ただし保険会社によっては個人賠償責任特約を追加

補償は不足がないように手厚くして、オプション(特約)を省くことで保険料金を節約するという考えです。

クレジットカードのENEOSカードに付帯されているロードサビスを利用するので、自動車保険側でロードサービスを取り外せる場合は外すようにしています。詳細は公式サイトENEOSカード を確認して下さい。

交通事故で弁護士が必要になった場合は自腹を切る覚悟なので、弁護士費用特約は外しています。この特約をつけるかどうかはみなさんの考え方によりますね。

自転車事故
個人賠償責任は「おとなの自動車保険」を利用する場合のみ付けます。示談サービス付き&補償額無制限となっていて、自転車事故を起こした場合に使える良い保険内容なので。

契約の前に自動車保険の比較

自動車保険の内容がある程度決まったらどこの保険会社が安くなるのかを比較します。

年齢や車の車種年式により安くなる保険会社が違ってくるので比較はとても重要。

同じ人でもミニバンと軽自動車を運転する場合、ミニバンはA保険会社、軽自動車はB保険会社といった具合に最安値の保険会社が変わるんです。

そこで複数の保険会社の見積りを一度に取得できる保険スクエアbang!やインズウェブの自動車保険一括見積もりサービスを使うと、どの保険会社の保険料が安いか簡単に調べることができます。

保険スクエアbang!

インズウェブ

比較.com

SBI損保、おとなの自動車保険(セゾン自動車火災保険)、チューリッヒ等が最安値候補に上がったんじゃないでしょうか?

でもこの段階では契約したい補償内容どおりの見積りになっていないかもしれませんので、WEB上で個別に見積りをシミュレーションして納得できる保険会社を決めて下さい。

楽天の保険で自動車保険契約するとおトク

楽天の保険を経由して自動車保険を契約することでおトクになる方法もあります。

楽天を経由することで、楽天ポイントや図書券等をもらうことができます。ちょっとしたオマケ程度ですが、とても嬉しいサービスですね。

まとめ

自動車保険を安くするためには、

  • 自動車保険の内容を理解する
    対面型、通販型、補償内容、オプション(特約)など
  • 保険の内容を決める
    補償額やオプション(特約)の有無など
  • どこの保険会社にするか決める
    候補の保険会社個別に見積りシミュレーションを行う
  • おトクな保険代理店を経由して契約する
    楽天の保険を経由するとポイントや図書券をもらえておトク

文字に書くと大変なようですが、見積り、比較、契約を一度実際にやってみると難しくありません。対面型の自動車保険を使っている人は、保険料を大きく節約できる可能性があります。

是非チャレンジしてみましょう。

広告

フォローする