大雪に備えておくと便利なもの。雪に慣れない地域はとっても大変!

この冬一番の最強寒波到来で大雪となり、ニュースでもずっと報道されていますね。私が住む地域は、年に1回雪が降るか降らないかの地域ですが、数十センチの雪が積もりました。

北国の人から見るとたいした量でないかもしれませんが、道路に出れば雪にスタックして立ち往生する車、道幅を見誤って田んぼに落ちる車、スリップで事故を起こす車が大量発生。それだけでなく、電車はストップ、大幅な遅れ、タクシーは来ない、会社へ行けなくなる等、とんでもなく大騒ぎになります。

子供らは学校が臨時休校となり雪遊びで楽しそうですが、大人はうんざり。雪国の人の苦労がよくわかります。

たまにしか降らない雪に備えて、雪慣れていない人が持っていると便利な物の紹介です。

広告

突然の積雪時にあると便利なグッズ

●雪かきスコップ

朝起きて外に出ると大量の雪でビックリ。外に出るためには雪かきをしなければなりません。そんな時は、雪かきスコップ(ショベル)が大活躍することでしょう。

プラスチック製で先端が金属で補強されている物が便利です。ガチガチに凍り付いた雪でも金属でガリガリっとこそぎ取ることができます。柄の部分を分解できるタイプもあり、コンパクトにして車に乗せておくと目的地での雪にも対応できそうですね。

●スノーダンプ(ママさんダンプ)

雪って意外に重いんです。たまにしか雪が降らない地域の雪は水を含んでいるので特に重くて、雪かきスコップで運ぶのは結構大変です。そんな時に役に立つのがスノーダンプママさんダンプとも呼ばれています。

スノーダンプの上に雪を載せて、ソリのように滑らせて運ぶので作業がかなり楽になります。コロ(キャスター)が付いたタイプもあり、こちらは雪の上を滑らせなくていいので雪が少なくても使えます。

まあ、1年に1回程度の雪のために備える道具かというと微妙なところですね。ママさんダンプというネーミングが気に入ったたので紹介しました。

●車用スノーブラシ

雪は車の上にも積もります。出勤前の忙しい時間に車から雪を手で落としていくのは、考えただけでもうんざりします。車用のスノーブラシを使うことをオススメします。

スノーブラシは柄が長い方が使いやすいと思います。短いタイプだと自分がいる方に雪を落とすことになり、雪まみれになってしまいます。柄が長いものだと自分と反対側に雪を押し出すことができて便利です。

フロントガラスが凍りついている時は、ブラシと反対側のプラスチック部分を使って氷を削り取りましょう。

●スタッドレスタイヤ&タイヤチェーン

車にも雪に備えた装備をしましょう。雪対策をしないでノーマルタイヤのまま雪道や凍結道路を走行することは交通違反となります。各都道府県の条例で定められています。

スタッドレスタイヤやタイヤチェーンを準備しましょう。準備しない場合は車の運転はあきらめて、雪が解けるのを待つか、公共交通機関の利用ですね。

雪が降り積もった中でチェーンを取り付けるのはかなりしんどいです。手がかじかんで時間がかなり掛かる可能性もあります。なので個人的にはスタッドレスがオススメです。雪が降る回数、利用回数などでどちらを準備するか判断することになります。

スタッドレスタイヤやタイヤチェーンは車種によってサイズ違うので、ショップに問い合わせて購入して下さい。ネットでの問合せでもOK。

まとめ

大雪のときでも慌てないように雪かきの道具/車の冬装備などをしっかりと準備しましょう。あまり雪が降らない所では、ホームセンターに行っても除雪グッズは取扱が少ないかも。

でもネットで注文すれば全国どこでも届けてもらうことができます。つくづく便利な世の中になりましたね。

広告

フォローする