ふるさと納税でお得な返礼品を

年末も近づき、今年の年収もおおよその検討が付いたという人も多いのではないでしょうか?
年収額が決まるとふるさと納税可能な上限金額も決まって来るということで、11月、12月はふるさと納税にもってこいの時期になります。

そんな訳で、ふるさと納税をやってみましょう。

ふるさと納税とは

ふるさと納税は、自分の好きな自治体に寄付をすることにより、寄付金の2千円を超える金額について翌年の住民税等が控除され、寄付した自治体から寄付金の約30%程度の返礼品をもらえるという制度です。

例えば、ある自治体に1万2千円を寄付すると、2千円を引いた1万円が翌年の住民税から控除されます。つまり寄付金で税金を1万円収めたと見なされます。

そして、寄付金の3割を目安にその自治体の名産品などを返礼品としてもらえます。

自己負担の2千円でそれ以上の価値がある返礼品をゲットできるとてもお得な仕組みなんです。

ふるさと納税の注意点

お得な仕組みであるふるさと納税にはいくつか注意点があります。

ふるさと納税には上限金額がある

1つ目は、ふるさと納税可能な金額に上限があることです。

この金額は年収や配偶者控除/医療費控除などにより計算されます。上限金額を超えてふるさと納税をすることもできますが、ただの寄付となり特典の旨味は薄まってしまいます。

例えば、ふるさと納税上限金額が5万円だったとします。そこに6万円のふるさと納税をしても5万円に対する返礼品しかもらえません。

ふるさと納税したら手続きが必要

ふるさと納税をしたことを知らせる手続きが必要です。これを怠ると翌年の税金の控除を受けることができません。自分が住んでいる自治体は、ふるさと納税をしたことを知らないわけだから教えてあげましょう。

やり方は、確定申告を行うか、簡単な「ワンストップ特例制度」を利用することです。

ふるさと納税は難しくない

ふるさと納税は、文章で書くとややこしくて難しそうですが、ネットショッピング感覚で返礼品を選べるサイトがたくさんあります。

このようなサイトでは、欲しい品物を検索し、購入ボタンの代わりに寄付ボタンを押して、クレジットカード等で支払い、品物が届くのを待つ。ネット通販とほとんど変わらない感覚です。

オススメのふるさと納税サイトは「ふるなび」

私がおすすめするサイトは、ふるなびです。テレビCMもやっているので聞いたことがある人も多いと思います。

ふるなびは、返礼品として家電製品を多く取り扱っています。もちろん高級なお肉や新鮮な海鮮といったグルメ食品も充実しています。

またサイト独自の特典として、寄付額の数%分のコインが貯まり、amazonギフトに交換することができます。

今年はふるなびを利用して長野県塩尻市にふるさと納税をして、プリンターを返礼品として貰うつもりです。2千円でプリンターを手に入れられると考えると、どんな格安ショップよりもお得ですよね。

ふるさと納税のまとめ

  • 自治体への寄附金額の2千円を超える金額が翌年の住民税などから控除される
  • 寄附金額の3割程度の返礼品を貰うことができる
  • ふるさと納税額には上限がある
  • 確定申告やワンストップ特例制度などで手続きが必要
  • ネット通販感覚で使えるふるさと納税サイトがある
  • オススメのサイトは、ふるなび

ふるさと納税をしてお得な返礼品を貰ってみてはいかがですか?

コメント

タイトルとURLをコピーしました