クレジットカードはまとめるとおとくです。普段使いは2枚までが目安

おとくな買い物ができるとの説明を聞いて気が付くと何枚もクレジットカードを作っていませんか?

こっちのお店ではカードA、あっちのお店ではカードBとそのとき時によって違うクレジットカードを使っていませんか?

確かにお店と提携されたクレジットカードを使うとポイントがたくさん貯まり得した気分になるでしょう。

でも、色んなカードを使うとポイントがまとまらずに電子マネーなどと交換する前に失効してしまったり、もそも全体でいくら使ったか把握できなくなって無使いの元になり、結局何のとくにもなりません。

そこで、みなさんの生活スタイルに合わせて、クレジットカード作ることをオススメします。
たくさんのクレジットカードを持っている人は、普段使うものを決めるようにしましょう。

広告

クレジットカードのまとめ方

普段使うクレジットカードは2枚あれば十分です
自分の生活スタイルを考えて、何に一番支出しているかを確認します。

飛行機での旅行/出張が多い人は、JALカード やANAカードを作るとマイルポイントを効率よく貯めることができるでしょう。

楽天などのネット通販が多い人は楽天カードを作ることで、ポイントをどんどん貯めることができます。

このように1枚目は、支払いを集中させて効率よくポイントを貯めることができるクレジットカードを選びます。

1枚目のクレジットカードの弱いところを補強する機能をもつクレジットカードを2枚目に選びます。

例えば、1枚目に楽天カードを選んだ人はネット通販の時にはたくさんのポイントが付きます。でも毎日の食材を購入するときのポイントはどうでしょうか?

クレジットカード2枚まとめ事例

我が家では以下の2枚のクレジットカードを普段使いとしています。

オリコUptyカード
イオンカードセレクト

オリコUptyカード

オリコUptyカードは、1000円の支払いに対して1スマイル(5オリコポイント=5円)のポイントが付与されます。前年の支払実績が200万円以上なら2倍の2スマイル(10オリコポイント=10円)のポイントの付与となります。

つまり、支払に対して1%分の電子マネー/ギフトカードと交換できるポイントが貯まります。
このカードにほとんど全ての支払いを集中させると、年間数万円分の電子マネー/ギフトカードを入手することができます。

ただし、今新しくクレジットカードを作るなら、オリコカードザポイントを選んでいたと思います。

カード名称 ポイント特典 備考
オリコUptyカード 1000円で2スマイル=10オリコポイント=10円分(1%) 前年支払実績200万円以上の時
オリコカード ザ ポイント 100円で1オリコポイント=1円分(1%) ネット通販時は別途特典あり

イオンカードセレクト

イオンカードセレクト は、イオンカード(クレジットカード)、WAON、イオン銀行のキャッシュカードの3つが合体したカードです。

WAONオートチャージでポイントが貯まりますが、このカードの魅力はそんなことではありません。イオン銀行で住宅ローンを組んでいる人は、イオングループでのお買物が毎日5%引きになるんです。しかも毎月のお客様感謝デーに買物をすると感謝デーの5%引き+イオンカードセレクトの5%引き=約10%引きとなります。だたし、割引対象のお買物金額年間90万円が上限です。

カード名称 ポイント特典 備考
イオンカードセレクト イオングループでのお買物 毎日5%引き
感謝デーは約10%引き
イオン銀行で住宅ローン利用の場合

割引になる店舗が限られ、割引き対象となるお買物額上限が年間90万円と制約がありますが、割引額に換算すると4万5千円です。

これはかなり魅力的な特典です。この特典目当てでイオン銀行の住宅ローンを利用していると言っても過言ではありません。

このカードは、イオングループ(イオンやマックスバリュ等)で買物をするときにのみ使用するクレジットカードです。毎日の食材や日用品の購入専用にしています。

まさかの3枚目のクレジットカード

普段使いのクレジットカードは2枚を目安としますが、特別な機能を持つカードなら3枚目として作っても問題ありません。普段使いのカードとして利用はしないようにします。

例えば、車を運転することが多い場合、ロードサービス付きのENEOSカード Sを作るのがオススメです。ENEOSカード には、C、P、Sの3種類がありますが、Cはガソリン最大7円引き、Pはポイント付与、Sはいつでもガソリン2円引きと機能が違っています。ガソリン値引きにしてもポイントにしても大きなお得感はありません。
しかし、ENEOSカード Sだけは違うんです。年1回のカード利用で年会費が無料になります。年1回カードで100円の買物をするだけでもロードサービスを受けることができるようになります。

我家の場合、普段は使わないけど特別な機能(この場合はロードサービス)だけのために作っておく3枚目のカードとなりました。
このカードのおかげでJAFの年会費4000円が不要になったり、自動車保険からロードサービスを外して保険料を節約することができました。

カード名称 ポイント特典 備考
ENEOSカード C 前月支払実績によりガソリン1~7円引き ロードサービス付き
ENEOSカード P ガソリン1000円で30ポイント(30円分)
一般買物1000円で6ポイント(6円分)
ロードサービス付き
ENEOSカード S 年1回の買物で年会費無料(1250円 → 無料) ロードサービス付き

もし、海外旅行が多い人は旅行保険が充実したクレジットカードを3枚目として選んでもいいでしょう。

まとめ

  • 普段使いのクレジットカードは2枚までにまとめる。
  • 1枚目は、支払いを集中させてポイントを効率よく貯める。
  • 2枚目は、機能補強ができるクレジットカードを選ぶ。
  • 3枚目は、特別な機能を持つカードなら作っても良いが、普段使いにはしない。

自分のライフスタイルをよく考えて、最適なクレジットカードを選びましょう。カードの枚数はできるだけ少なくして、効率よく特典を得られるようにするのがおとくへの第一歩となります。

広告

フォローする